残業が多いSIerからの卒業

ノーモア残業!!

残業から卒業したいSIerの転職先と注意点

Choice!
  • 残業100時間超えのダメージ
  • 面接時に技術的な内容がない企業は避けた方が無難
  • ニーズが多い「Java」がおすすめ

転職先を選ぶときの注意点を調べる

転職先を選ぶ時に注意したいポイントはたくさんありますが、特に気をつけたいのはブラック企業です。多すぎる残業が原因でSIerを辞めるはずが、また同じようなSIerに入社してしまうと本末転倒なので、求人情報や企業情報を丁寧にチェックして、矛盾点や曖昧な点がないかをよく検証し、内容が薄くて魅力的な文言につられてしまわないようにしましょう。また、面接時の企業側の姿勢をよくチェックして、納得できない企業であれば辞退するという勇気を持つことも大切です。

  • 求人情報からブラック企業を見極める

    仕事探しで難しいのが「ブラック企業」の見極めです。求人情報にはいいことばかり書いてあったのに、入社してみたら全く違ったということも実際にあるので、出ている情報からいろいろなことを推測して企業の良し悪しを見極めるようにしましょう。

    MORE

  • 企業側の転職エージェント利用のメリット

    転職活動で求人サイトやエージェントを利用する人は多く、求職者にとって便利なサービスが好評ですが、利用する企業側にとってもメリットがたくさんあります。Java案件を多く扱っている求人サイトやエージェントをご紹介します。

    MORE

  • 面接時に技術的な内容がない企業は避けた方が無難

    エンジニアとしてのスキルを活かしてSIerに転職をしようと思っても、企業によってエンジニアに求めている仕事内容の程度には差があることも事実です。それを見極めるには面接時の質問に技術的なことがあるかどうかが指標になります。

    MORE

こちらも為になる記事です

  • IT業界のピラミッド構造

    IT業界のピラミッド構造IT業界はピラミッド構造になっているので、大手が下請けへ仕事を発注し、そこからさらに細分化された仕事が孫請けへと発注されるという流れがあります。そうなると、当然利益は下へいけばいくほど少なくなっていくので、残業も含めた作業の多さに対して見合わない収入になることも少なくありません。また、孫請けの仕事は下流工程ばかりなので、上流工程の経験を積むことができず、キャリアアップしにくいという問題があります。

  • プライベートとの調和を検討

    プライベートとの調和を検討ワークライフバランスという言葉を耳にする機会も増えましたが、働き方の多様化や生活スタイルの変化などによって、仕事とプライベートの両方を充実させたいと考える人はより一層多くなりました。しかし、残業することが当然で、プライベートを犠牲にしてでも仕事優先という考え方の企業もまだまだあります。そのような企業で無理をして働き続けても、その先自分が壊れてしまえば人生が台無しになってしまうので、潔く転職をして自分を守ることも大切です。

  • 求人情報からブラック企業を見極める

    求人情報からブラック企業を見極めるブラック企業にだけは入社したくないと誰もが思っているので、仕事探しをしている段階でそれがわかれば誰も面接を受けることはないでしょう。そのため、求人情報や企業情報など、自分で入手できる情報からいろいろなことを分析して、その企業がブラック企業かどうかを見極めていく必要があります。どんな求人情報でも、企業の悪いことをわざわざ掲載することはないので、見たままに判断してしまうと失敗することもありますが、具体性を意識して分析すると見えてくるものがあります。