残業が多いSIerからの卒業

ノーモア残業!!

SIerの残業事情「IT業界のピラミッド構造」について

Choice!
  • 残業100時間超えのダメージ
  • 面接時に技術的な内容がない企業は避けた方が無難
  • ニーズが多い「Java」がおすすめ
IT業界のピラミッド構造

IT業界のピラミッド構造

IT業界の仕事事情

同じ仕事に携わっているのに、時間と手間をかけている人ほど収入が低くなるというのは理不尽なことに思えますが、IT業界の成り立ちについて考えてみると、現実にはそのような人が大勢いることがわかります。IT企業は大小様々ありますが、その中の力関係はピラミッド構造として表すことができます。これはIT企業だけに限ったことではなく、他の業界でも同じ構造がありますが、大手が下請けに仕事を発注し、下請けが孫請けにさらに仕事を発注するという状況で、ピラミッドの頂点にいるのが大手とすれば、最下層にいるのが孫請けです。一般的に稼げるイメージのSIerですが、仕事量ばかりが多くて収入が増えないという人々がかなりの数いるということがよく理解できます。では、実際に仕事内容の内訳はどのようなものなのでしょうか。

上流工程を扱う上層のIT企業

仕事を下請けに発注する大手IT企業では、主に上流工程と呼ばれる分野を担当することになります。まずエンドユーザーからの希望を詳細に聞き取り、それを具体的に実現するための要件定義を行いますが、どんなシステムを作りたいかはもちろん、コストをどの程度かけるのか、いつまでに完成させたいかということがはっきりと決まらないことには作業に移ることができないので、上流工程でしっかりとしたシステム設計をすることが重要になります。それから完成までのプロセスに沿って作業工程を細分化し、プロジェクトのスケジュールが決定されます。そこから細分化された仕事が下請けに依頼されることになるので、下請けは打ち合わせの段階から上流工程に加わって計画全体をしっかりと把握します。
下請けは、完成した設計書を持ち帰り自社で実装作業を行いますが、それでも人材が足りないという場合に孫請けに仕事を依頼するという流れが発生します。大手は主に上流工程ですが、下請けの場合は上流工程も下流工程も同じレベルで必要になってくるので、IT分野の幅広い知識とスキルを持った人材が必要になります。

孫請けの仕事は薄利多売

孫請けに依頼される仕事は、システムの実装やテストなどを行う下流工程になります。作業内容としては下請けが行うことと同じですが、大手と孫請けの間に入っている下請け企業が当然中間のマージンを取っているので、全く同じことをしていても利益は小さくなってしまいます。設計書に沿って仕上げていく工程で様々な問題が発生するのがシステム開発の常なので、下流工程であればあるほど当初計画していた時間通りに物事が進まず、残業が多くなってしまいがちです。そうすると、スキルアップをする機会も暇もなく、少ない給料で下流工程ばかりをこなさなければならないという状況になるので、キャリアアップがなかなか難しくなってしまうという問題があります。

こちらも為になる記事です

  • IT業界のピラミッド構造

    IT業界のピラミッド構造IT業界はピラミッド構造になっているので、大手が下請けへ仕事を発注し、そこからさらに細分化された仕事が孫請けへと発注されるという流れがあります。そうなると、当然利益は下へいけばいくほど少なくなっていくので、残業も含めた作業の多さに対して見合わない収入になることも少なくありません。また、孫請けの仕事は下流工程ばかりなので、上流工程の経験を積むことができず、キャリアアップしにくいという問題があります。

  • プライベートとの調和を検討

    プライベートとの調和を検討ワークライフバランスという言葉を耳にする機会も増えましたが、働き方の多様化や生活スタイルの変化などによって、仕事とプライベートの両方を充実させたいと考える人はより一層多くなりました。しかし、残業することが当然で、プライベートを犠牲にしてでも仕事優先という考え方の企業もまだまだあります。そのような企業で無理をして働き続けても、その先自分が壊れてしまえば人生が台無しになってしまうので、潔く転職をして自分を守ることも大切です。

  • 求人情報からブラック企業を見極める

    求人情報からブラック企業を見極めるブラック企業にだけは入社したくないと誰もが思っているので、仕事探しをしている段階でそれがわかれば誰も面接を受けることはないでしょう。そのため、求人情報や企業情報など、自分で入手できる情報からいろいろなことを分析して、その企業がブラック企業かどうかを見極めていく必要があります。どんな求人情報でも、企業の悪いことをわざわざ掲載することはないので、見たままに判断してしまうと失敗することもありますが、具体性を意識して分析すると見えてくるものがあります。